076_ex_2016.8
T日本料理店 _【風車のふるまい】
Japanese restaurant ”Kappo” Tsukasa _ 【Gather in the "SAKURA" tree】

-
所在地 : 兵庫県西宮市 割烹つかさ
主用途 : 飲食店
規模等 : 躯体RC造 44.11㎡
設計期間 : 2016年4月 ~ 2016年6月
施工期間 : 2016年6月 ~ 2016年8月

Adress :   Nishinomiya Hyogo Japan
Use:   "Kappo" ( Japanese restaurant )
Scale etc.: 44.11㎡ 
reinforced concrete construction and ( Cherry blossom ) counter
Design period: April 2016 ~ June 2016
Construction period: June 2016 ~ August 2016

-
design planning / 意匠設計 : Hajime Kikuchi / 菊池甫
Construction施工 : bricoleur / ブリコルール
-
【風車のふるまい】は、兵庫県西宮市にある日本料理店の改修計画です。日本料理店としての格式を保ちつつ、地域に根ざし、人々に開かれた場所をつくる事がこの建築に求められました。
建築は、明確にゾーニングされた客席スペースと調理スペースの2つの空間で構成されていて、両空間をまたぐように風車型の大きな木製家具が配置されています。料理人と客は、この風車型の家具に沿うように行動しながら、料理を調理または味わい、会話を楽しみます。客と料理人の双方が主体的に振る舞える空間を作ることが、今回の提案、一番の狙いです。
風車が、そこにある空気を心地よく撹拌するように、風車型の木製家具によって、両者の振る舞いが混ざりあい、影響し合い、より豊かで刺激的な時間をつくり出せればと考えました。そして料理人と客の豊かなやりとりを、西側の開口が、風景として西宮の町に映し出します。店と町の双方にとって価値のある、豊かなふるまいを作り出す。そんなふるまいをつくることが、この場所に根付くきっかけをも作ってくれるのではないかと、私達は考えました。
また同作は、ARTPLAZA U-40建築家展2016 出品作でもあります。
展覧会履歴をみる。
-
Created a space where a chef can act like actors on stage.
This is a Japanese restaurant in Nishinomiya, Hyogo.
Our client is a chef who trained in Kyoto. He wanted to create a restaurant where local people can visit easily. So we create a space where they could get together and see his skills.
The architecture is clearly zoned in two spaces, the audience space and the cooking space. And largefurniture is planned to straddle both spaces. A chef and guests act along with this wooden furniture. Cook or taste the food and enjoy the conversation. The main aim of this project is to create a space where both guests and a chef can act independently.
The counter is made of "SAKURA" (cherry blossom) . SAKURA are cherished by local people. So We chose this tree as a place for everyone togather. Create valuable behavior for both the store and the town. We thought that would be a catalyst for this place to become popular. 
Back to Top