菊池甫一級建築士事務所

Office of Hajime Kikuchi

 

 

 

041_cp_2019.12

西陣ストリートファニチャーコンペ _【西陣がつくる縁台】

木造

W=103cm D=40cm H=44cm

設計

意匠:菊池甫(菊池甫一級建築士事務所)
構造:清水良太(清水良太構造デザインスタジオ)


 

 

コンセプト 

西陣の路地に、西陣織をルーツに持つ家具をつくる。

【西陣がつくる縁台】の座面は、西陣織で用いられた木製糸枠を再利用して形作られている。
一旦役割を終えた糸枠には独自の風合いがあり、しかも安価で大量に仕入れる事が可能。
これをパーツに分解し組み合わせる事で、座面を小紋柄に構成する。
座る人は、その風合いと時間経過、肌触りを体感しながら、そこに佇む事が出来る。

また座面を支える縁台の脚には、樹状構造を採用した。
小さなピースの組み合わせで作られる座面は、幅広い支えを持つ事でより安定する。
樹状構造が持つたくさん枝は、部材を細くすっきりと保ちながら、その課題を解決する。
さらに縁台下の空間を、京の坪庭に見立てた表現とする事で、 縁台は、より西陣との親和性を強めた造形となる。

西陣に由来を持つ素材や風景を積極的に用いる事で、 この家具が、これを利用する人々にとっての共通言語になり得るのではないかと考えた。
路地の風景、西陣織、坪庭・・・体感を通じて認識されるキーワードが、 会話や交流、西陣により深い愛着を抱くきっかけを生み出す。
西陣が育んだ時間で作った家具が、未来の西陣の時間を育む・・・提案を通じて、そんなストリートファニチャーの在り方を目指した。

 

 


1. 西陣織の木製糸枠を再利用してつくる座面

役割を終えた糸枠を再利用する糸枠は安価で大量に入手可能。分解したパーツを組み合わせる1ピースは約8cm。

 

 


2. 京の坪庭を表現する樹状構造の脚

西陣を代表する妙顕寺、孟宗竹の坪庭などを参照し、細い部材で幅広く安定した樹状構造の脚を作る。

 

 


パーツを繋ぎ合わせる事で、糸枠は小紋柄の座面となる。樹状構造の連なりで、 京の坪庭を表現した縁台下空間をつくる。

 

 

 

 


 

 

 

 

先頭にもどる